超軽量素材”LCT”(ライナーカーボンテクノロジー)とは。

alohasurfboard

ALOHA SURFBOARD(アロハサーフボード) に使用されている独自のサーフボード構造でもある、
LINEAR CARBON TECHNOLOGY(ライナーカーボンテクノロジー)。


alohasurfboard

通常のボードの様にセンターにストリンガーを使用していない特徴を持つこの構造は、デッキ面の中央に沿って配置されたカーボンファイバー素材が”スプリング”の様に機能する事で、ボトムターン等でエネルギーを蓄えることができ、スムーズにトップターンに移行できます。


alohasurfboard
alohasurfboard

さらに素材にはサーフボードマテリアルの中で最も軽いEPSを使用。浮力が増すと共に非常に軽いボードとなります。

浮力が向上するメリットとしては、パドリング速度が向上し、操作性が向上する為、より小さなボードに乗ることができることです。 耐久性もあるEPSフォームは、通常のPUボードに比べ劣化する可能性も低くなります。


alohasurfboard
alohasurfboard



alohasurfboard
alohasurfboard
alohasurfboard


そしてラミネートしているエポキシ樹脂は、ポリエステル樹脂よりもVOC(揮発性有機化合物)が50〜75%少ないため、ポリエステルに代わる健康的な代替品となり、有害な化学物質が減少することで環境にも優しいと言われています。

一般的な家庭用品でも使われているエポキシは、ある程度の換気があればマスクなしで使用することも可能です。
樹脂は完成したボードの総重量の大部分を占めるので、ポリエステルよりも軽く、工程上使用量も少なく済むエポキシを使用することで、より軽いサーフボードを作ることが出来ます。

alohasurfboard
alohasurfboard


alohasurfboard
alohasurfboard

容量的にはほとんど同じなので、”LCT”テクノロジーのサーフボードの推奨ボリュームは、通常の使用しているポリエステルボードと同じボリュームで使用する事がオススメです。


alohasurfboard


プロ顔負けの実力を持つ、ALOHAサーフボードのパートナー、”JACK MURRAY”。
ALOHAサーフボードのハイパフォーマンスモデルでもある、「HABANERO」ライナーカーボンテクノロジー素材のライディングクリップです。

関連記事一覧

  1. 201221_1
  2. 200928-1
  3. 020121_6
  4. amada
  5. 201228_2
  6. 200806_15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

NEW POSTS

  1. 210525_3
  2. 210416_6
  3. 210402_4
  4. 210323_4
  5. 210320_2
PAGE TOP