リモートワークでのストレスを観葉植物で癒す。【DHARMADOOR WOVEN POTS】

201126_1

コロナ禍の影響でリモートワークの機会が増え、それに伴い自宅やマイルームで過ごす時間が増した事で、今まで以上にインテリアにこだわりを求める方も少なくないはず。
そんなインテリアに癒しを与えてくれる代表的なモノといえば、「観葉植物」

先日新しく入荷したDHARMADOOR(ダーマドア)ラインナップの中には、観葉植物にナチュラルな質感を与えながらお洒落に変えてくれるアイテムがあります。

【DUO OF WOVEN POTS】

201126_2
201126_3

マイルームに自然な風合いと落ち着きをプラスしてくれる理想的なバスケットのペア、”ウーブンポットデュオ”。お気に入りの観葉植物の鉢として、お洒落に収納する事が出来ます。そして十分な強度がありながら、寝室やバスルーム、プレイルームに保管するのに十分な柔軟性も持っているのもポイント。

形や色、質感が豊富な植物はそれぞれが個性的な表情を持っており、お部屋のトーンを簡単に変えることができます。
多機能なこのポットは、ストレージ用での使用ももちろん可能ですが、 DHARMADOORのオススメな使い方としては、観葉植物用の「ポット」としての使用を推奨しています。


201126_4
201126_5

お部屋の植物をスタイリングするのに最適なこのポットは、通常使用しているガラスのポットや機械的な質感の鉢などを隠してくれ、自然でニュートラルな要素のレイヤーを追加するのに役立ってくれます。
床のポットをずらして、近くのサイドボードのポットと連携させてみたりと、 全体的な調和をそれぞれの高さで楽しむこともできます。
さらに枝やインテリア雑貨などとも相性も良く、サイドボード、コーヒーテーブル、本棚で特にうまく機能します。

大きなヤシやゴムの木などの観葉植物がある場合には、ナチュラルな配色のジュート素材のランドリーバスケットや、背が高くて細いバスケットなどを使用して飾ると、よりお洒落にお部屋をコーディネートする事が出来ます。


201126_6
201126_7

DHARMADOORバスケットは天然繊維で作られているため、過酷な日光や湿気からバスケットを保護し、常に元の状態に保つことが重要です。

ケアとしては、植木鉢よりも大きいトレイをバスケットの底に置き、余分な水をキャッチします。理想的には、トレイの側面は少なくとも1cmの高さである事が必要。これにより、底に穴のあるシンプルなポットを使用でき、排水が改善され るようになり、より健康な植物の状態を保つ事が出来ます。

さらに可能であればバスケットから取り出して、屋外または洗濯シンクや浴槽に持っていき、バスケットに戻す前に完全に水気を切る事がポイント。これにより、バスケットに入った可能性のあるほこりや破片を振り払い、すばやく掃除機をかけることもできます。


201126_8
201126_9

インテリアの中で唯一命を持っている観葉植物は、気持ちを落ち着かせてくれ、元気づけてくれることができます。
そして植物は空気中の毒素をろ過し、酸素を補給し、全体的な雰囲気を変えるのに役立つため、家の中で植物を栽培することは、自身の健康的な空間を構築するのに最適。

数え切れないほど様々な研究結果により、自然界とより定期的につながると、生産性、集中力、創造性、そして一般的な幸福がすべて改善されることが示されています。


部屋に緑を加えることは体と精神にとても良いので、DHARMADOOR(ダーマドア)の様な天然素材のバスケットとうまく組み合わせて、心身の健康にプラスに働くような、素敵な空間を是非コーディネートして見てください。





関連記事一覧

  1. saj0107_2
  2. 020121_6
  3. dharmadoor_13
  4. 200928-1
  5. 200116_1
  6. 200424_1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

NEW POSTS

  1. 210115_1
  2. saj0107_2
  3. 201228_2
  4. 201229_5
  5. 201221_1
PAGE TOP