THRILLS(スリルズ)プロダクトが地球に優しい理由。

020121_6

THRILLSが取り組んでいる、「Not So Trash Talk」
地球への悪影響を減らしながら、達成可能なものを刺激して、クオリティーの高いファッションとアクセサリーを作る事をモットーとしています。

会社として成長するにつれて、ファッション業界に対する理解とファッションラベルとしての社会的責任が進化してきている昨今、スリルズは日々の業務を改善し、今までのイメージを変えるべき措置を講じています。
それはとても長い道のりで、全て完璧にこなすことは難しいけれど、少なくとも環境に与える影響を減らす事は約束できると考えています。

THRILLS社内の”環境愛好家”でもあるMikeより、スリルが取り組んでいる事の一部を第一弾トピックとして紹介。


020121_1
Meet Mike


Mikeは単純にアイデアを共有して、彼らが貴重な環境を助けるために何をしているかを知らせたいと思っています。


何かをリサイクルしたり、アップサイクルしたりする事は、製造される原材料の量、エネルギー、水の使用量、排出量を削減する素晴らしい方法と考えています。

どうしても、再利用の削減リサイクルは”決まり文句”のように聞こえがちですが、政治家が何かをしてくれる事を待っているよりも、 会社や私たち全員が最善を尽くせば、状況は変わる可能性があると考えています。



商品にキズを作らず、無駄なく店舗に届けられる様、全てのスリルズ商品を保護する必要があるのと同時に、ほとんどのアイテムを一つ一つ包装しなければならない事も意味しています。
世の中には、”生分解性”= (自然界の微生物によって、最終的には水と二酸化炭素に分解される性質)と主張する非常に多くのプロダクトがありますが、それらの物が緑色のゴミ箱で分解されるまでに、最大2年間と言う非常に長い時間が掛かるうえに、長い期間に渡り大量のメタンを放出しています。

020121_2



現時点で私たちにとって最も実用的な解決策としては、使用可能なバッグにアップサイクルされた、多くの廃棄物から作られる ”再循環PEバッグ” を使用すること。

最近まで、オーストラリアの多くの地方自治体がソフトプラスチックのリサイクル案を掲げていました。
そのプロセスがすぐに再開されることを願っていますが、 オーストラリアでは各地にあるショッピングスーパー「ウールワース」に、自宅でリサイクルできないソフトプラスチックを持ち込むための「ソフトプラスチック・リサイクルビン」があるのでそこに持ち込む事ができます。
彼らはオーストラリアの ”REDcycle””Replas” と提携し、家具と機器にリサイクルして再利用しています。


020121_4



ビッグカスタマーとの大量注文の場合には、ポリ袋の使用を95%削減する ”バルクバッグ” を使用しています。
スリルズの ”リサイクルPEガーメントバッグ” は、製品を届ける環境に配慮した方法です。費用は少し掛かってしまいますが、無駄を減らすために喜んで支払いしています。

ちなみにオンラインでの注文時に提供する「DirtBags」は、家庭の堆肥で生分解する事が出来、サステナブル(持続可能)な植物と非毒性で堆肥化可能な樹脂から生産されています。


020121_5

スリルズ社の衣服の全てのハングタグ、アクセサリーボックス、ラッピングは全てリサイクル段ボールを使用して作られています。そして自宅でリサイクル用の黄色いゴミ箱に入れたカードと紙くずは全て製紙工場に直接送られ、再利用可能な材料にリサイクルされます。これは、スリルズに携わる全ての場所やスタッフ、さらにスリルズと関係のある中国やインドの友人も同じです。これによって、毎日木が保存される事になります。
出来るだけコーティングが施されたコーヒーカップなどの包装や、リサイクルされない食品包装が多いものは避けて欲しいと願っています。

”コーヒーを買うなら、常にマグカップを持ち歩きましょう”。

020121_8




THRILLS PRINTING


スリルズの印刷物及び、プリンター用に購入する紙はすべて100%リサイクルされています。費用は少し掛かってしまいますが簡単な事で、それだけの価値があります。ThrillsのHead Officeでは、可能な限り持続可能なオフィス製品を購入する方法や日々の活動について、”Wear No Evil”の友人である、Graceによって全員教育を受け、毎日努力をしています。

  • 印刷する必要がある場合は可能な限り「両面印刷」にチェックマークを付ける事。これにより、紙の使用量が50%削減される。
  • 印刷ではなく、可能な限りデジタル通信する事。
  • 巨大なカタログを印刷するのではなく、ほとんどのアカウントをデジタルプラットフォームから購入するように切り替える。紙の使用量を大幅に削減。
  • 倉庫に用意した専用の紙と段ボールの廃棄システム。
  • 「ランドフィル」、「リサイクル」、および「ソフトプラスチック」が適切に分離され、正しく送られるようにHead Office内にビン(色)を明確にマークする事。
  • 生ゴミは全て緑の袋に入れられ、順番に家に持ち帰って緑のゴミ箱に運ぶ事。
  • ランチを買いに行く時は、プレートまたはカップを持参する事。これを行う事により、多くのパッケージが節約される。
  • 自宅からランチを持って来る時は、密閉された蓋付きの再利用可能な容器を使用する事。(ラップを使わずに生活する事は簡単)

020121_7

2011年にブランドがスタートして以来、常に地球への影響を減らしながら質の高い衣服とアクセサリー作りを目指している、THRILLS。一人一人が環境問題を意識して生活する事こそが、何よりも大切な事だと、ファッションを通してTHRILLSは発信し続けています。



関連記事一覧

  1. news_0115_6
  2. mfsoftboards
  3. dhdtwin
  4. alohasurfboard
  5. dharmadoor_13
  6. mandara_3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

NEW POSTS

  1. 200602_5
  2. 200424_1
  3. dharmadoor_13
  4. 200303_7
PAGE TOP